魚を知ろう

お魚のうんちく

冷蔵・冷凍機能をフル活用 【保存方法】

家庭用冷凍冷蔵庫の技術が向上し、鮮度が気になる魚を上手に保存できるようになったのはうれしいこと。
買ってきた魚や、食べ残しを、ただ放り込むのでなくちょっと一手間かければ、保存の質がぐ~んとアップ。
食べるときのおいしさに差が出る保存のワザを覚えておきましょう。

一尾の鮮魚はエラ・ワタを取り除くのが大原則

鮮魚魚は内臓から傷みが進みます。すぐに食べない場合は、エラとワタを取り除き、中をよく水洗いします。
ペーパータオルなどで腹の中の水分をよくぬぐい取り、表面の水分も拭き取ってからペーパーで1尾ずつ包み、さらにラップで包むか、ファスナー付きの保存袋に入れて冷蔵室またはチルド室へ。
保存期間は長くて2日。

切り身の生魚は一切れずつペーパーで包んで

ペーパータオルなどで水分を拭き取り、一切れずつ包んで、ファスナー付きの保存袋か浅型の保存容器に入れて冷蔵室またはチルド室へ。冷凍の場合も同様。
保存期間は長くて2日。冷凍の場合も2週間をメドに食べきりましょう。

切り身を味付け保存するときは

・昆布じめ
新鮮なアジ、ヒラメなどは、水気を拭き取って塩をふり、酢(調味酢でも)にさっと浸けます。酒でしっとりしめらせた昆布に包み、1枚ずつラップして冷凍室へ。保存期間は2週間。解凍は冷蔵庫に入れたままゆっくりと。解凍される間に味が締まっていきます。
・みそ漬け・粕漬け・しょうゆ漬け
浅型の保存容器に調味料を入れ、1枚ずつ並べて漬けて冷蔵室またはチルド室へ。3日ぐらいをメドに、あぶって食べます。

干し魚も鮮魚の感覚で

一夜干しなどの干物は、独特の風味を楽しむ工夫で、保存食というわけではありません。新鮮なものほどおいしいので、保存する場合も鮮魚と同じ感覚で。1枚ずつラップでしっかり包んで冷蔵室またはチルド室へ。3日~1週間で食べきりたいものです。ちりめんじゃこは1回に使う分ずつ小分けして冷凍保存すると便利です。、保存期間は2週間程度。

貝のむき身はしっかりラップ

ホタテ ホタテやハマグリなどのむき身は、水気を取ってラップに平らに並べ、しっかり包んで冷凍室へ。
保存期間は2週間まで。

アサリを殻付きで保存するときは

よく水洗いしたアサリを、塩水を入れたバットに入れて冷蔵庫で約1時間。塩や砂を出させたところで、水気を拭き取り、ファスナー付きの保存袋に入れてチルド室へ。3日以内に使い切りましょう。
同じ状態で冷凍保存もできます。2週間をメドに食べましょう。使うときは冷凍のまま調理します。

イカは適当な大きさに切ってから

イカ鮮度のいいイカを保存せざるを得ない時は、保存のきかないワタをホイル焼きなどで食べてしまうのがオススメ。身は皮をむいて開き、軟骨を抜いて、適当なサイズに切り分けます。水気を拭き取って、ラップに包んで冷凍室へ。
保存期間は2週間まで。

エビはさっと蒸してから

エビは背ワタを抜き取り、浅く蒸してから、水気を拭き取って、数匹ずつファスナー付きの保存袋に入れて冷凍室へ。解凍は流水で時間をかけて。

カニは塩水で蒸してから

カニカニは、鮮度のいいものでも、蒸してから冷凍保存することをおすすめします。塩水に数分浸した後、蒸し器の水も塩水にして軽く蒸します。足と身を分けて、水気を拭いてファスナー付きの保存袋に入れて冷凍室へ。身を殻から出しておくと、調理に便利ですね。
保存期間は1ヵ月まで。甲羅に詰まったミソは保存せず、新鮮なうちに食べましょう。