魚を知ろう

ホームお魚を知ろうお魚のうんちく>食べ合わせの知恵

お魚のうんちく

健康効果を高める 【食べ合わせの知恵】

食材を組み合わせることによって栄養効果がぐんと高まる場合があります。
そんな「食べ合わせ」を知って工夫すればヘルシーな魚料理が、栄養面でさらにグレードアップ。
さっそく試してみたい「食べ合わせ」を紹介します。
焼き魚+大根おろし
定番中の定番の組み合わせがこれ。大根おろしに含まれるジアスターゼが消化促進に有効な上、アスコルビン酸が焼き魚のこげ目にできる発ガン物質の生成を抑える働きをすることが研究されています。
刺身+つま・薬味
大根、ショウガ、ミョウガ、青ジソなどを千切りにして添える「つま」や、ワサビ、ショウガなどの薬味は、見栄えや風味をよくするだけでなく、刺身の生臭みを消し、殺菌効果を発揮して、食中毒の防止や、寄生虫アニサキスの殺虫に役立ちます。
さけ+ほうれん草・小松菜・ブロッコリー
サケに豊富に含まれるビタミンDは、カルシウムの消化吸収を助ける働きを持っています。カルシウムが多い緑黄色野菜との組み合わせは育ち盛りの子ども、妊婦、骨粗鬆症が心配な高齢者などにおすすめ。シチューやグラタンにすれば、彩りもきれいですね。
青魚+ごま油
青魚の脂肪には脳の活性化や身体各所の抗酸化によいとされるDHAが豊富に含まれます。ところが、せっかくの良質な脂肪も、酸化すると有害に。ゴマ油には、その酸化を防ぐ働きを持つビタミンEが豊富なため、青魚の料理にはゴマ油を使うことをおすすめします。
アジ+香味野菜
血中のコレステロールを下げ、血栓を防ぐ働きをするEPAを豊富に含むアジと、血液をサラサラにする働きのあるシソ、ネギ、ショウガ、ミョウガなどの香味野菜は、相乗効果で動脈硬化や脳卒中の予防に一役。アジのたたき香味野菜のせなどは、味わいもさわやか。
あさり+山芋(長芋)
インスリンの効果を高める働きがあるタウリンを豊富に含むアサリと、インスリンの分泌を促す作用がある山芋(長芋)は、糖尿病を予防するのに、またとない組み合わせ。また、アサリは貧血予防に、山芋は消化促進、滋養強壮にも優れた効果を発揮。ぜひ、ひんぱんに食卓にのせるようにしたいものです。
マグロ+とろろ汁・納豆・オクラ・メカブ
赤身に良質のタンパク質が含まれるマグロと、ねばりけのある食材は栄養面でも味わいやのどごしのよさでも、相性抜群。高血圧の予防や効果的なダイエットを考えているなら、ぜひ取り入れましょう。ねばりけの素であるコンドロイチン硫酸は肌の保湿を助ける役割も持ち、美肌づくりにも役立つメニューになりそうです。
番外編/「食い合わせ」あれこれ
「ウナギと梅干し」のように、特定の食べ物を一緒あるいは続けて食べるとお腹をこわすと、古くから言い伝えられてきたのが「食い合わせ」です。その根拠や、実際に食べた結果のほどは明らかではありませんが、登場する食材には、からだを冷やしたり、消化に時間がかかるものが多い傾向があるようです。 真偽はさておき、魚介類にまつわる「食い合わせ」が意外に多いので、雑学として覚えておくのもいいかもしれません。
【ウナギ×梅干し】【カニ×柿】【カニ×氷水】【タコ×柿】【アサリ×松茸】【ハマグリ×みかん】
【フグ×小豆ご飯】【コイ×小豆】【ドジョウ×とろろ芋】