魚を知ろう

ホームお魚を知ろう>浜このみの「旬のととレシピ」
タコ焼きや、刺身、サラダと日ごろからなじみのあるタコです。
今回はこの季節にぴったりの、そうめん、トマトと組み合わせて、冷たいサラダ風のそうめんにしました。旬の食材たっぷりで、食欲のないときでも食べたくなる一品です。

ととクイズ
世界で最も多くタコを食べている国はどこでしょうか?
①韓国
②日本
③モロッコ
日本人の食生活には身近な存在のタコですが、日本人とタコとの縁は古く、弥生時代の遺跡からタコを捕まえるための「蛸壺」と思われる器がまとまって出土されたことから、弥生時代には既に食べられていたと考えられています。そんな日本人のタコの消費量はなんと世界1位で、そのシェアは世界の約6割を占めるとされています。ということで、ととクイズの正解は②でした。

タコは低脂肪、低カロリー、高タンパクな食材ですので、ダイエットに適した食材です。また、ビタミンAの吸収を促す亜鉛も多く含まれています。亜鉛には細胞を新しくする働きがあり、たんぱく質の合成や骨の発育を促進しますので、成長期のお子様にも欠かせない栄養素です。さらに、タウリンも豊富に含まれています。タウリンには血液中のコレステロール値や血圧を下げる作用や、肝臓の機能を高めてアルコールの分解を助ける効果があるとされていますので、お酒を飲まれる方にもオススメの食材です。

タコは火を通すと瞬時に身がかたくなりますが、タコの旨味成分は加熱することで強くなりますので、茹でだこをお刺身にして食べるときにも、軽く湯通しした方が旨味が強くなり美味しくお召し上がりいただけます。ぜひ、お試しください。