魚を知ろう

ホームお魚を知ろう>浜このみの「旬のととレシピ」
ホタルイカが店頭に並び始めると、春の訪れを感じます。ホタルイカの酢みそあえなど、和風のイメージが強いかもしれませんが、和洋中、何に使ってもおいしくいただけるのが、ホタルイカです。
今回も下処理をしたホタルイカにガーリックオイルを掛けるだけの簡単なものですが、パンとの相性も抜群。ワインにもぴったりで、その底力を感じる一品です。

ととクイズ
富山県では県のさかなとしてホタルイカを認定しており、「富山湾の○○」と呼ばれています。何と呼んでいるでしょうか。
① 王者 ② 神秘 ③ 宝石
 ホタルイカはその名のとおり蛍のような発光器を持っており、刺激を受けると青白い光を放つイカです。ホタルイカと言えば、富山湾の幻想的な漁がニュースで流れ、観光名物にもなっています。その光景はまさに「天然のイルミネーション」。富山県では県のさかなとしてホタルイカを認定しており、「富山湾の神秘」と呼ばれています。よってととクイズは②が正解です。

 そのホタルイカですが、産卵期である3〜5月にかけてが旬。身が張っており柔らかく、モチモチした食感と独特の甘みが特長です。普段は深海で生活しているホタルイカですが、産卵のため海岸付近へ一気に集まってきます。また時として産卵したホタルイカが海岸に打ち寄せられていることがあり、それを富山県では「ホタルイカの身投げ」と言っています。夜間に身投げされたホタルイカを網ですくう人も多く、地元では春の風物詩となっているそうです。

 冷凍技術や加工技術の発達によって加工品などは一年を通して手に入るホタルイカですが、新鮮な刺身などはこの時期にしか手に入りません。たとえ釜揚げ(ゆでたもの)であっても新鮮なものの味は別格。ホタルイカは、内蔵も一緒に食べるため、ワタに含まれるビタミンAが豊富で100gあたりの含有量は牛レバーよりも多く、その他強い抗酸化力を持つビタミンEやエネルギー代謝をサポートするビタミンB2も豊富に含まれており、小さいながらも他のイカ類より栄養価の高い食材です。

 この旬の時期、食べても美味しい、見ても美味しいホタルイカをぜひご賞味ください。