魚を知ろう

ホームお魚を知ろう>浜このみの「旬のととレシピ」&とと女の「おいしいよ!」
今や海なし県にもかかわらず、信州ブランドの代表的な食材、信州サーモン。味はもちろん、美しい身のサーモンピンクが特徴です。
今回紹介するレシピは、この時季、ぜひお祝いの席、おもてなしの食卓に使っていただきたい一品です。サーモンピンクと菜の花の緑が目にも鮮やかで、新しい門出を祝うのにふさわしい、信州の味が盛り込まれた華やかな丼です。

 長野県が長い歳月をかけて開発したブランド魚〝信州サーモン″。その流通が始まって今年でちょうど10年になる。
 生産者の一人、木島平で養魚場を営む社長は、ニジマスやイワナなどの淡水魚を養殖して40年のベテラン。信州サーモンの養殖を真っ先に始めた一人だ。
 「淡水魚の味は水が決め手」。社長が池に引いているのは、名水として名高い地元の湧き水。広く清らかな池の中を、信州サーモンが実にゆったり、気持ち良さそうに泳ぐ。
 「おいしいという声が、やっぱり一番の励みだね」。ブラウントラウトとニジマスをかけ合わせた信州サーモンは全てメスに生まれるも、産卵しないため、膨大なエネルギーがそのまま旨みとなり、身に凝縮される。トロリとした食感、コクのある味に県内外のファンは多く、最近は寿司や駅弁の商材にもひっぱりだこだ。
 「年々認知度や引き合いが高まるのはとてもいい刺激。業界に活気があるよ。」
 信州サーモンは地域産業を活性化し、長野県をおいしく元気にしている。それは後継者問題の解消にもつながる。
 「息子が後を継ぐと言ってくれたんだ」。嬉しそうな社長の表情に、こちらも笑みがこぼれる。自らは一代限りの命でも、育ての親に後継ぎをのこした信州サーモン。その働きに私は大きな拍手を送りたい。
 刺身、フライ、カルパッチョなど料理のメニューはいろいろ。この春、北陸新幹線や御開帳で賑わう長野のおもてなしは、もちろん信州サーモンで決まり!