魚を知ろう

ホームお魚を知ろう>浜このみの「旬のととレシピ」&とと女の「おいしいよ!」
ホタテにココアをまぶして…。本当においしいのかな?と思われている方も多いと思いますが、これはおいしいです。ワインの酸味が効いて、ココアがホタテにこくをプラス。刺身用のホタテを使っていますので、あまり加熱し過ぎないように気を付けましょう。バレンタインにこだわらず、ホタテのソテーにはぜひココアをまぶして!ワインにぴったりのおしゃれな大人の一皿です。

 昨年秋、バレンタインの企画会議をしていたときのこと。魚料理のメニュー開発を手掛ける部署のメンバーから、驚きの提案があった。「バレンタインに向け、チョコレートを使った魚料理を考案しませんか。」
 え?魚とチョコ?ポジティブな味を想像することが何て難しいんだ!…そう思いながらも、しばらくすると、食いしん坊の好奇心がムクムク。一呼吸おいて、ニヤリ一言。「すごく面白いと思います。まずは試作からやってみましょう!」

 数日後、浜このみ先生の力も借りながら、作ったチョコメニューは13種類。粗く刻んだホワイトチョコを生地に加えた「ホワイトカニコロッケ」、メキシコ料理を参考に、ソテーした魚の上にビターチョコ入りのソースをかけた「白身魚のモーレ風」など、6種類の魚介類と4種類のチョコを組み合わせたメニューが、半日掛かりで完成した。さて、お味のほどやいかに。

 「ん?おいしいじゃん!」コロッケを食べたメンバーが、感想をもらす。「すごく深い味わい!」とは、白身魚のモーレ風を食べてのこと。えびチョコグラタン、サーモンチョコフライは、賛否両論の評価に。そして一番人気に輝いた「ホタテのココアソテー」は、「簡単で、オシャレ」「大人のバレンタインにぴったり!」と、一同大絶賛。新しい切り口のバレンタインメニューとして、見事、開発部隊の提案書に盛り込まれた。
 今年の2月14日は、魚とチョコのバレンタインディナーにトライ!大切な人を「ぎょっ」と驚かせちゃいましょう。