魚を知ろう

ホームお魚を知ろう>浜このみの「旬のととレシピ」&とと女の「おいしいよ!」
 冬の鍋に欠かせないのが「ちり鍋」。なかでも「たらちり」はその代表選手です。そして、ぜひ「マダラ」のちり鍋を味わってみてください。淡泊だと思っていた、タラのイメージがちょっと変わります。うま味とこくで野菜もさらにおいしく、たくさん食べられます。野菜やキノコは好きなものを自由に組み合わせてたっぷりと使いましょう。

 冬の寒さが最も厳しい寒の時期に入りました。朝起きたら一面の銀世界!という雪の日も多くなるこの時期におススメの魚は、雪が降る季節においしくなることから、魚へんに雪と書く「鱈(タラ)」です。
 タラと言うと一般にはマダラのことを指し、たらこや明太子、練り製品に加工されるスケソウ(スケトウ)ダラとは区別されます。口の大きな魚で、貪欲に食べる大食漢。何でも手当たり次第に食べるため、カニなどの鋭いトゲで胃が傷つき、胃潰瘍になるタラもいるそうです。
 脂が乗った旬のタラには、繊細な日本人の味覚を喜ばせてくれる上品な味わいがあり、そんなタラの味を上手く引き出してくれるのが、昆布です。昆布でとった出汁に、旬のマダラをくぐらせて食べる「たらちり」は、日本人なら必ず一度は食べてほしい冬の王道メニュー。わが家でも、この冬初めての鍋料理は「たらちり」でした。
 クツクツ…といい音を立てる鍋。水菜やネギなどの野菜がたっぷり入ったところに、タラの身を入れます。火が通ったところで、熱々のタラを一口。プリプリの身が、いい食感です。鍋に一緒に入れた野菜や豆腐も、タラと昆布のダシを吸って、抜群においしい。熱かん片手に「日本人で良かった!」と喜ぶツレの反応にも納得です。スープの一滴も残すまいと、最後は鍋にご飯を入れて、雑炊でしめくくり。タラを思う存分味わいました。
 食後、私とツレのおなかは、見事にぽっこり。たくさん食べて、まさに“鱈腹(たらふく)”となったのです。