魚を知ろう

ホームお魚を知ろう>浜このみの「旬のととレシピ」&とと女の「おいしいよ!」
ブリといえば、塩焼き、照り焼き、ブリ大根などが定番ですが、今回は洋風にしかも信州の冬の代表的な果物、リンゴと組み合わせてみました。
ブリの臭みが苦手!という方にもおいしく召し上がっていただける、絶妙な組み合わせです。年末に限らず、ぜひクリスマスの一品としても作っていただきたいですね。

 師走を代表する魚、ブリの季節がやってきました。味の良さは勿論、出世魚で縁起が良いということもブリが好まれる理由の一つ。お腹も心も満たしてくれるブリをたくさん食べて、この一年をハッピーに締めくくりましょう。
 長野県では、主に中南信地方の年取り魚として有名なブリ。ただ地域によって食べ方は異なり、松本・飯田ではブリの塩焼きが、伊那では酒粕で煮たブリが大晦日の食卓にのぼります。
 伊那で育った私にとって、「ブリの粕汁」(酒粕煮のこと)は、郷愁を感じさせる最強の組み合わせ。長野に暮らす今でも、ブリの粕汁を一口食べれば、実家で過ごした大晦日の記憶や光景が一気によみがえるから不思議です。
 さて食べ物の組み合わせといえば、生ハム×メロン、酢豚の中のパイナップルなど、異色ながらも一度食べたらハマるものもあります。「ブリのソテー りんごソース掛け」は、まさにそんな一品。
 「魚とフルーツが合うの?」と半信半疑のツレも、りんごソースをからめて一口食べた途端、「あれ?おいしいよ!」と態度がコロリ。ブリの脂と甘酸っぱいりんごソースが、良く調和しています。たっぷりひいた黒コショウが味を引き締め、ご飯にもお酒にもぴったり。クセになるおいしさです。
 縁起の良いブリと長野らしいりんごの新しい組み合わせ。今年はこれが、我が家の年取り魚に出世するかもしれません。