会社情報

ホーム会社情報>役職員行動規範

役職員行動規範

マルイチ産商は、法令や社会規範、企業倫理に従うことはもとより、経営理念に掲げた「人命の根源たる食品の流通を通して社会に奉仕し、周知を結集して価値ある流通機能の創造に努める」ことを社会的使命として、誠実・公正を旨とした事業活動を行っております。
この「役職員行動規範」を、マルイチ産商の役職員一人ひとりが企業の社会的責任を自覚し、関係法規および社内規程の遵守と、企業倫理を守り、一般的な社会規範に配慮した責任ある行動を実践するための指針とします。

基本理念

マルイチ産商の役職員は、業務遂行に当たり関係法規および社内規程を遵守するとともに、企業倫理を守り一般的な社会規範に配慮した責任ある行動をとる。
遵守事項
  1. 消費者からの信用・信頼を念頭に、関係法令・法規・社内規程等を遵守し、公正、透明、自由な競争を行う。
  2. 食品流通業としての使命を自覚し、社会的に有用な財、サービスを安全性に十分配慮して開発、提供し、消費者・得意先の信頼を高める。また、消費者等からのクレームには迅速かつ誠実に対応する。
  3. 基本的人権および個人の尊厳を尊重し、差別・ハラスメントは行わない。
  4. 地球環境を守る活動を積極的に行い、単に関係する条約・法令等を遵守するのみならず、より良い環境の創出に努める。
  5. 善良なる企業市民として、社会人としての良識と規範を守り社会の発展に誠実に貢献する。
  6. 反社会的勢力および団体とは毅然として対応し、利益供与は一切行わない。
  7. 贈答・接待等は法令に違反することなく、社会通念上妥当な範囲内にとどめる。
  8. 公私のけじめをつけ、会社の利益に反する行為は行わない。
  9. 財務・会計に関する記録や報告は、適時・正確に行う。
  10. 会社の資産を大切にし、会社の情報を適切に管理するとともに、社外より得た情報、知的財産権等の権利についても適切に取り扱う。また、株式等の不公正取引(インサイダー取引)は行わない。
  11. この規範に反する行為を発見した場合、あるいは自らの不注意で行った場合は、すみやかに社内コンプライアンス報告・相談制度にてこれを報告、相談する。