会社情報

ホーム会社情報>会社沿革

会社沿革

四方を山に囲まれた長野県において、新鮮な魚を求めることは、かつては困難を極めました。マルイチは、そんな長野県で、戦後の混乱期に産声をあげました。
その後、経済復興と消費生活の充実にあわせ、取扱商品と拠点の拡大を進めてきました。
マルイチのルーツは、昭和2年に創業者仁科良雄が、長野市権堂に開店した二間間口の魚屋『やましょう若松屋』までさかのぼります。
企業としての発足は、昭和26年1月、株式会社長野中央魚市場を創設したときに始まります。
1950年-創業期
 長野市の一水産物問屋から、北信(長野県北部地方の通称)地域で最大手の水産物問屋への成長期
1951年
1月
長野市に「株式会社長野中央魚市場」(資本金:250万円、代表者:仁科良雄)を設立、水産物の卸売事業を開始

1960年-水産市場の長野県全域への展開
 水産市場を長野県内各地に展開し、長野県のマルイチとしての地位を確立

1961年
5月
東京営業所(現:東京支社)を設置
1962年
5月〜11月
営業権の譲り受け、合併等により、松本、伊那、飯田支社を設置

10月
名古屋営業所を設置(現:名古屋支社)
10月
社名を「株式会社長野中央市場」に改称
1964年
4月
食品部(現:食品事業部)を設置し、加工食品の本格的な取扱いを開始
1965年
10月
長野市場団地開設(長野市若里)に伴い、本社、長野支社を移転

1970年-フルライン卸の本格展開
 
食生活の多様化に対応し、加工食品・菓子・冷凍食品・食肉等の商品フルライン化と
 流通形態にあわせた長野県内拠点網を構築

1971年
1月
「会社の方針と経営理念」を制定
4月
精肉部(現:畜産事業部)を設置し、食肉の本格的取扱いを開始
12月
長野支店に長野食品流通センターを設置
1973年
4月
松本支店に松本食品流通センターを設置
6月
食品部に販売三課を設置し、菓子の取扱いを開始
1974年
3月
加工肉の生産子会社として(株)長野ミート(本社:長野市)を設立
4月
冷食部(現:フードサービス事業部)を設置し、冷凍食品の取扱いを開始
4月
飯田支店(現:松本支店飯田営業所)を設置
1975年
4月
営業組織の商品別の3事業部制(水産・畜産・食品)がスタート
10月
長野市に大型冷凍庫を設置、冷凍マグロの取扱いを開始

1980年代-日本の中でオンリーワンの総合食品卸を目指して
 
市場業態とエリアの枠を越え、食品加工・製造分野を含めたグループ力を強化し、
 総合食品卸売業としての事業を確立するとともに、名古屋証券取引所に上場を果たす

1983年
1月
「社是・社訓」を制定
1984年
4月
大信畜産工業(株)(本社:中野市)を子会社化し、(株)長野ミートを合併
1986年
4月
社名を「株式会社マルイチ産商」に変更
高崎支社(現:北関東支社)を設置し、長野県外への本格進出を開始
1988年
4月
長野市真島に長野地方卸売市場が完成し、本社・長野支社・長野営業所(現:長野広域販売部)を移転
流通加工子会社としてファーストデリカ(株)(本社:長野市)を設立
12月
名古屋証券取引所市場第2部へ上場
1989年
3月
売上高1,000億円を突破

 1990年代-関東圏への拠点展開強化と低温流通センター化
 
水産物流通を従来型の卸売市場流通に加え、低温流通センター機能によるシステム流通を推進

1990年
6月
甲府支社設置
1992年
9月
松戸支社設置(現:東京支社へ統合)
12月
伊勢崎支社設置(現:北関東支社へ統合)
1995年
11月
長野支社に長野低温流通センター設置
1996年
3月
長野食肉流通加工センター設置(長野畜産部、大信畜産工業(株)長野工場)
7月
北関東低温流通センター設置し、北関東支社を移転
9月
松本低温流通加工センター設置
1998年
4月
群馬食品営業所を設置
10月
「経営理念、私たちの使命、組織の運営指針、個人の行動指針」制定
1999年8月
 
宇都宮営業所を設置

 2000年代-「総合食品卸売業」から「総合食品流通産業へ」
 
V字改革の推進〜リストラから成長へ

2001年
2月
梓川共配センターを設置
11月
名古屋支社に名古屋低温流通センター設置
2002年
1月
三菱商事株式会社が筆頭株主に
2月
北陸営業所を設置
10月
埼玉県久喜市に首都圏生鮮流通センター設置
2003年
4月
中期経営計画「V字改革21」を発表
物流子会社マルイチ・ロジスティクス・サービス(株)を設立
8月
「マルイチ産商役職員行動規範」の制定、コンプライアンス体制の構築
11月
名古屋支社に流通加工機能を備えた水産加工場を併設
2005年
8月
1単元の株式数を1,000株から100株に変更
8月
中期経営計画「スパイラルアップ2007」を発表
〜水産生鮮を基軸とした流通トップ事業者をめざして、"基盤整備"と"仕込み"を推進
2008年
5月
中期経営計画「プラン2010」を発表
〜事業構造改革と経営基盤整備をベースに持続的な成長ステージへ〜
10月
フードサービス事業部とリテールサポート事業部を設置し、水産・食品・畜産の各商品別事業部との機能連携を図る
2010年
5月
業務用問屋の(株)ナガレイ(本社:長野市)を子会社化しフードサービス事業を強化
8月
フードソリューション2010開催
2011年
1月
創立60周年を迎える
5月
中期経営計画「Cキューブ‐2013」を発表
2012年
3月
三共物商グループ(本社:福岡市)を子会社化し、養殖魚事業に参入
2013年
7月
山梨・西関東広域流通センターを設置
11月
中期経営計画「変革2016〜Challenge for Change〜」を発表
2015年
3月
業務用事業強化のため、(株)ヨネクボ(本社:塩尻市)を持分法適用関連会社化
7月
フードソリューション2015開催
8月
水産品加工業者の信田缶詰(株)(本社:千葉県銚子市)を子会社化
2017年
4月
総合食品卸売業の(株)丸水長野県水(本社:長野市)を子会社化
5月
中期経営計画「変革2019〜日本の中のマルイチを目指して〜」を発表